So-net無料ブログ作成

【769】神の見えざるゴースト執筆、猿にもわかる販売マニュアル [ビジネス]

 あれまあ、この国政がタイヘンな時期に何とも意外な発表を首相官邸でやるものだ。
 ま、御当人たちとその御親族一同はめでたい限りだろうし、無関係な外野どもがあれこれ指差して騒ぐのも野暮ってもんだ。あり得ないけど騒いで欲しいなんて目的があるなら周辺事情をきっちり勘案できる御二方なんだろうし、こんな時こそ目一杯の忖度でそっとしておいて差し上げるのが大人のマナーだろう。

 で、日本社会が直面する問題だが、売買全域の現場作業として何ら現実解のない欠陥税制素案もどき(?)が、この認知症政権から一方的に相手の存在し得ない独り言として放たれたきりなのだ。
 一応はその施行時期として10月からということになっているようなので残り2か月弱という計算だが、税率判断から支払形態別の処置プロセスから、この期に及んで何から何まで無策のままの現状がただ目前にある。この実にどうしようもない事実、困ったものである。
 あん?『決められない』悪夢のようなナニ政権だって?世襲のガキ、オマエ何か決めたか?

 いきなり飛んで、結論から行こう。
 消費税率は現行ママ、あと自動車税その他もろもろ含めて、とりあえずは国民主導のナウ現状踏襲で10月1日を始める以外に現実解は無いんだろうな。
 現時点ではその10月1日以降、おいくらを誰からどんな形でどれだけ受け取って、どこにどんな手続きで納税するか、国政の方でさっぱり決まっていないからである。

 ウソだと言うなら、他ならぬ軽減税率に御執心の国会総本山・ナントカ学会ゲタ与党のポマード教祖キモなっちゃんを捕まえ、その場でマイク突き付けて以下の質問をしてみれば良ろしい。
 そりゃあ立て板に水でスラスラと解説してくれるはず…なんだが、本当にそうかどうかのせいぜい数分で答は決まる。ならば、それが決定的な基準となる実証事実だ。

 質問1:ウチは晴れの日だけ店舗前に腰掛けを出す米屋&菓子屋なんだが、キツネの嫁入りの日にお客さんがお米4合とおはぎをよっつ買って、誰も座ると思ってなかった湿った腰掛けに一旦座って、おはぎを半分かじったところでやっぱり立って帰ってしまったとする。
 お客さんちは二世代住宅でやっていて、日用品のお米は食事を賄う現役世代のキャッシュカード、おはぎは親世代のおサイフ現金で払うとしようか。

 さあ、ウチの接客バイトちゃんはどの段階で税率を決定し、その税率は各々いくつで、その場合に軽減税率あほレジ機を用意していたとして、そいつの何のボタンをどう叩けば良くて、出て来るレシートは後々どう見てどう税務処理すればいいのだろうか?

 解答のポイント1:商品たった2点の売買で現行の支払い方式を済ませるだけなら、せいぜい1分かかるかかからないかだろう。
 こんなものに、作業内容の判断だけで5分以上かかるようなら経済の現場として到底成り立たない。経済社会を支えながら懸命に暮らす国民の実地生活をナメたような税制には、シカト以外の対処が物理的に不可能なのである。

 質問2:…あ、質問1でコンセプトは十分解ったでしょうから、同じノリで考えてください。
 私はそこまでヒマではない。悪しからず。

 以上、これだけでもお解りだろう。再度、上記の結論を確認しておく。
 とりあえずナウ現状踏襲で10月1日を始める以外、我々に現実解は無いと思う。
 いつまでも認知症政権がむずかったとして、国民の経済現場は付き合えない。

 私個人の理屈や推測で主張するのではなく、社会一般に共有される道理に照らして、こんなどこの誰ひとり税処理ジャッジの采配に立てないようなものが、社会共通のルールとはなり得ないと考えられるからである。だから『欠陥税制素案もどき』という表現を使った。
 裏返せば、こんなものを税制として国民に諮りもしないまま隠して、こっそり勝手に決めたことにしてしまった挙句に行き詰まって、未処置のまんまでこの8月まで過ごしているような政権に、元来の意味の政権として日本国政に関わる機能も資格も無かろう。

 喫緊の問題として10月1日当日は完全スルーを決めるとして、我々国民1億2千万人組織はそこからどうするのか、ガチの現実解に結論を出す時期に来ている。
 そもそも税制が複雑化し過ぎて国民生活共益費としての税金に当事者感覚がリンクしなくなり、元々はそれが今日の政治への無関心と失政暴走の一因となった背景は少なからずある。だらしない過去を反省し早急に決別するためにも、不出来を承知の現行税制でまず10月1日を迎える覚悟はしよう。
 改めてその現行税制の何がどうマズいのか、そもそもから何がどこまで解ってるのか解ってないのか、きちんと考え直すところから始めないと。

 『決められない』ナンタラを世襲のガキが盛んに蒸し返していたので、今まさにオマエらが決められずにグズって国民全員を困らせているところを決めてみたんだがどうよ?

 おっとまた簡保も外交問題も先送りになってしまった。いかんな。
 ま、現実として暗黙のうちに既に共有され始めている感のある経済現場の実作業処置について、一応でも皆で交換し合意の拠り所にする実体情報は必要だと思うので、こちらを先行させてみました。
 あなたが外国人の立場で、外から日本国を眺めたとして、この一連の議論?に何か価値を見出せるとお考えだろうか?【750】

 早く2025大阪・関西万博と大阪都特別4区再編案を見据えた、新・社会組織制御トライアルの話に戻りたいよ。 大阪の成長を止めるな。
nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。