So-net無料ブログ作成

【637】改憲議論参加資格の年齢認証タッチ [ビジネス]

 世はゴールデンウィークの後半だそうだ。その普通に楽しめる平和、どうかお大事に。
 こちとら格安牛丼の外食さえタイミングを計るのが難しく、娯楽行楽は何年も他人事である。

 夢が就寝直前の関心事をネタにした内容主体に変わったと思う。
 ただ、目覚めて夢を思い出そうとしてもうまくいかないのだ。漠然とだが明らかに就寝直前の記憶に基づくシーンのイメージがあり、それがどんなストーリー展開を経たどんな1シーンなのか、就寝直前の何が夢の大筋の元ネタになっているのか、追いかけようとする先から紅茶の中で崩れる角砂糖のようにカタチを失い、みるみる解け去って消えてしまう。
 目覚めたらすぐ体が覚醒モードに切り換わるらしく、タヌキ寝入りはほぼ不可能となった。そのうち何があったのか種明かしされる日が来るのかな。進展の節目だと嬉しいのだが。

 『人間の身体って本当にうまくできている』というコトバは何度も聞いたし使ったが、自分の意識集中による懸命な制御を必要とせず、巧みな人体の自動運転機能が最適処置を決めてくれるという意味だった。だがこれは間違っている。
 何というか、もっと構造が機械的にシンプルで、入出力の因果関係はロジカルで、ただ莫大な試行錯誤で淘汰され、確かに生存確率を上げる特性が研ぎ澄まされた結果の今がある感じがする。つまりポイントは『自然であること、理に適っていること』だと思う。
 だからなのだが、不自然や非合理を突込んだら拒絶反応も出るし、それを無視して改めなければ壊れもするし最悪は死に至るのだろう。

 私はいま自然で合理的な代謝と免疫力の平衡状態を、この年齢で再び創り出す過程にある。医療先進時代のウマい手なんかどこにも無く、もう一度バランス構築の仕組みをあるがままに作動させ、試行錯誤の痛みを『大したことない』と捨て去りながら、一手一手組み直すしかないのだ。
 目前の現実として何十億円積もうが世界征服権を手に入れようが無力であり、人間たった一人自由自在になるまでのこの作業は、私の身ひとつで着々と生命の掟に従う以外ない。

 ところで、もう少し回数を重ねないと確信できないのだが、最新の身体測定でビミョーに身長が伸びたくさいデータが取れてしまったのには超びっくりの大笑いである。まあこの苦節苦難の大工事なら、無いハナシではないかな。
 いいトシぶっこいて、まるで成長期のような代謝活動を体感し【621】、本当にその通りの現実が起こったのだとすると、これはなかなか興味深い事実検証ができたことになる。
 一応でもオリジナルを再生可能な免疫力があるうちなら、永年の淘汰が導き出す解答を信じて自然生命力に身を預ければ、時間を巻き戻しての改良オリジナル再生も十分狙えるってことか。そもそも年齢なんて人間が時間の概念に照らして勝手に決めた数値であり、自然生命力の寿命消化の真値とは無関係の尺度ですからね。

 この仮説を日本国スケールにフラクタル拡大視して、さてどう読むか。
 余計な操作を除外して自然で合理的な動作環境を整備すれば、『成長戦略』の実効解が自ずとその姿を現してくるのではなかろうか。
 組織生命の視点として自然で合理的な国家の条件とは、きちんと継続性をもって世代交代が進められていて、一番元気で頭脳明晰な社会層が常に組織の意思決定を担っていること。その意思決定において、国家組織の自我を国民全員でフェアに分担するルール=納得性高い法律が国家全域に周知徹底されて、それが幸福感に基づいて建設的かつ良心的に遵守されていることだろう。
 まずこれを確認して、では現実はどうなっているのか。

 ふと本州の西のハジっこに生まれ落ちてみたら、割と政治に縁のある家系で、爺さんがそこそこ有名に立ち回っていた。まあ何だかんだあって日本国は憲法の文章表現がイマイチあやふやで、長きにわたって生産的とは言えない論議が繰り返されても来たようだ。
  『よち!ポクちゃん、これをきちんと直してジイジ以上に有名になるんだい!』
 その志に問題は無い。頑張って収拾つけて、日本史に名を残してくれて結構である。

 でもやるんなら正々堂々ちゃんとやれよ。議会で改憲賛成の過半数取る必要はあるよ?
 だからって役人+ゲタ与党の軽減税率連合なんかと取引して、現役世代に負担掛けながら還暦公務員が遊び呆けて日本の経済力を食い潰すような法案の片棒を担いでどうする?
 こんなものに成立環境の条件設定を合わせようとするもんだから、景気好転して消費税率を10%に上げて良いことにしないといけなくなって【349】、でも本当に景気好転する実効政策は一切やれてないので現実がついて来ず、必然的に『デフレ脱却、景気好転』のバレバレ大嘘ばかりをつき続けることになったのだ。改憲やりたさに目が眩んで日本経済の未来を売り渡した代償は大きかった。
  『いやポクちゃん本気でカネばら撒いて、ダメノミクス言えば景気良くなると思ったの』
 その言い訳はあり得るだろう。経済に対して無知無能なのは一見して判るんだが、それで日本人としての良心が少しでもあったなら、ガチで有能な財務大臣を立てて、そいつに全権限を預けるべきだった。もちろんマトモな神経の財務屋なら、軽減税率法案など一瞬で撃沈して葬り去っていたはずである。

 『ワタシがリーダー♪ ワタシが責任者♪♪』
 セメント屋がくれる党財源は欲しいし、西のハジ同士御近所づきあいで小遣いのポチ袋もらっていた恩でもあったのか。昔ちょっと鉄砲撃ちが上手かっただけの、頭も口もガラも悪い醜いボケ老人を幼稚なママゴトの威張り役として財務大臣に祭り上げた、その日本国に向ける使命感・職責観が薄っぺら過ぎたんだよ。改憲を論ずる人間の器には遠く及ばない。
 いま『軽減税率』と『還暦公務員』という国家歴史級災厄の火元役所を指して、日本社会の自我が痛みの声を上げ始めているのであり、これらを全て白日の下でキャンセル解決しないと『また』次の事件が起こるだけだ。

 現役世代の無理な負担を承知でクズ役人の邪心を利用し、日本国の将来生産力を売り渡すような汚いマネをして、改憲という日本国の大仕事に自分の名を残せると思ったオマエが御門違いだ。恥を知れ、世襲のガキが!
 繰り返すが二代もひきずってこんなことにしかならない血筋なら、二代遡って丸々日本史から消えてくれた方が余程すっきりする【437】
 一度これまでのことを全部謝って今のポストを降り、正真正銘の公明正大を約束して出直した方がまだ人生残り時間に可能性はあると思うが、まあ実行できないんだろうな。
 政権発足当時はまだ大丈夫だったが、今はもう組織認知症を発症し気が狂ってしまったためである。こう解説されれば、この今日の普通でない様子も皆さん腑に落ちるでしょうが。

 野党たち、主張をどこまで通したvsここまで呑んで譲ったの勝負ゴトみたいな話にして、騒動フェードアウトの落としどころ探そうとする政府与党を絶対に許すなよ。そういう問題ではない。
 確かに過半数は大事だが、それ以前に保証すべきもっと大事なものを国民は知っている。
 頑張ってくれよ、まだまだ応援させていただこうじゃないか!
nice!(14)  コメント(2) 

nice! 14

コメント 2

U3

お怒りごもっとも。
by U3 (2018-05-04 16:53) 

にすけん

 U3さま、いらっしゃいませ。
 コメントありがとうございます。

 かつて得意分野と言ってもらっていたからって、この時期に海外逃亡して、海外の席から改憲を口走るってのは、もう健常国民として受け入れられる限界を超えています。
 病状として解りやすいといえばそれまでですが、この異常事態、気合入れて善後策を考えていかねばなりませんね。
 とにかく若年層・次世代を優先する文化を造り込まないと。

 また気が向いたらコメント記入いただけますと嬉しいです。
 またのお越しをお待ち申し上げます。
 どうもありがとうございました。
by にすけん (2018-05-06 21:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。